アーチェリーでは距離の異なる的を射る

アーチェリーは、距離の異なる的を射るスポーツです。90メートルや30メートルなどがあります。

アーチェリーでは距離の異なる的を射る

アーチェリーでは距離の異なる的を射る 何らかの目標物を狙って当てるとします。この場合目標物までの距離が長くなるとどうなるでしょうか。短くなるとどうなるでしょうか。どんどん長くなればその分当てにくくなりますし、短くなってくれば徐々に当てやすくなると思います。短い場合であれば直線的に狙うことができます。一方で長い距離の場合、直線的に行おうとすると途中で軌道が下がってしまうことがあります。高い位置のまま維持するために、山なりに行うこともあります。

アーチェリーにおいてはいくつかの競技があります。そのなかでよく知られているのがアウトドアターゲットと呼ばれるものです。主に屋外で行われるもので、ターゲットである的を狙います。この時、全て同じ距離にある的を狙うわけではありません。男子の場合は最も長い距離が90メートル、その他70メートル、50メートル、30メートルとなっています。30メートルぐらいであれば、直線的に狙うことでいることができるかもしれません。

90メートルとなると的が何とか見えるくらいです。その中で真中を狙うことになります。30メートルなど他の的に比べて高い角度に向ける必要があります。アウトドアなので風の影響も受けるスポーツになります。

関連サイト